レンタルCGI
学生のおちゃらかフォト奮闘記 | 佐多岬沖で高速船事故!同様の事故相次ぐ・・・
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.04.10

佐多岬沖で高速船事故!同様の事故相次ぐ・・・

――――――――――――――――――――――――――――――
9日夜に発生した鹿児島商船の高速船「トッピー4」の事故。
桟橋は顔から血を流し、助けを求める乗客らであふれた。
近隣市町から駆けつけた医師や看護師、レスキュー隊員が応急処置に奔走。慌ただしい雰囲気に包まれた。

対馬海峡を中心に高速旅客船がクジラと衝突する事故が相次いでいる。クジラが嫌がる超高音を出す装置の導入などの対策をとっているが効果は上がっていない。

クジラが嫌がる音を周囲1キロに出す装置を付け、速度を落として運航している。しかし事故が続いだことで効果が疑問視されたため、事前にクジラの所在位置をつかむ探知機の導入検討を始めている。
                
             毎日新聞より
――――――――――――――――――――――――――――――
感想 
ウ・・ ウン(・_・;)
TVをつけたときはびっくりしました 汗
最初にニュースに出たときの見出しは 

【高速船謎の物体と衝突】

ですからねぇ・・・
一瞬SFな世界か!?と思ってしまった自分が恥ずかしい;;
今回の事件や同様の事件では、人間はもちろんのこと鯨もただではすまされないはず。
高速船 時速80KM
クジラ 時速40KM が最高速度らしいです。

この速度で進む物体同士が衝突するわけですから、鯨は恐らく深い傷を負って死んでしまうのではないかと思われる。

【今回のような事件での考察】
――――――――――――――――――――――――――――――
①クジラが嫌がる音の効果の有無について
 たとえ効果があったとしても、鯨としては慣れてきているのではないか?

②高速船とは基本として、ほぼ水面を走っていると言っても過言ではない。水中に浸かっている面積が小さいため、その分水中に伝わる音も減り鯨が気付きにくいのではないだろうか
 
③>クジラの所在位置をつかむ探知機の導入検討を始めている。
 その通りである ウ・・ ウン(・_・)
 やはり高速船としても鯨の位置が確定できてい無い事はまずい
 鯨を避ける音だけでは不十分であると高速船を企画した時に気付き探知機を設置していれば未然に防がれた事故も多々あったのではないだろうか
――――――――――――――――――――――――――――――


人間だけでなくクジラへの保護も必要なので「シートベルト着用」では不十分と考えられる。

より効果のある予防機器設置は人間とクジラが共存する上で必要な事である。
この事件を期に早急にクジラへの対策、解決を願いたい



はい!なんだか偉そうにもこんなことを書いて見ました。
大学推薦で小論文なんて僕の一番苦手な課題がありますので、これからはこんな記事も書いて練習していこうと思います <(_ _)>

もちろん違う意見、同意見だけど少し違う!
なーーんて、何でもコメント待ってます♪是非意見聞かせてください!
いろんな方の意見を聞けるととても勉強ので (=´ー`)ノ ヨロシク

 初めての良かったらお読みください 

【生活インテリーア TOPへ】 ・・・コメントどしどし募集中♪

にほんブログ村 高校生日記ブログへ 応援してください♪



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://seikatuno1.blog61.fc2.com/tb.php/9-e9bdad71
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2008.10.11 21:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。